MENU

借金を減額出来る方法とは?

借金している人に朗報です。
あなたの借金が半分以下に減額できるかもしれないんです。

 

200万の借金が100万以下になったり、1000万の借金が200万以下になったりしちゃいます。
借金を真面目に返そうとしている人は素晴らしい心の持ち主ですね。
でもですよ。賢く借金を減額して、負担を軽くする方法を知らないのは損だと思いませんか?
借金の減額と聞くと、非合法な危ないことをするんじゃないかと勘ぐってしまいがちですが、極めて安全で合法的な手段があるんですよ。

 

借金を減額出来る合法的な手段と言うのは、弁護士に依頼して債務整理を行うことです。
まず最初に注目しておきたいのが、依頼する相手が弁護士と言う点です。
法律の番人である弁護士が処理する債務整理に、違法性が入る余地はありませんよ。
怪しい職業の人に頼む訳では無いんです。法的な根拠の元に借金が原画出来ちゃうんです。

 

借金の減額には大きく分けて3つの選択肢がありますね。
例えば、債務整理ですっごく有名な「自己破産」です。
ドラマやニュースで自己破産を聞いたことがあるはずですよ。借金をすべて無くす代わりに、人生を終わりにする悪魔の手段、と言うのは誤解したイメージです。
自己破産しても普通に生活が送れますし、自分で言わない限り周囲の人にバレることもありませんよ。
この手段であれば借金を半分と言わず全額チャラに出来るので、返済が不可能なレベルになった人は弁護士に相談してみるのが良いですね。

 

別の選択肢には、誰でも利用できる任意整理って言うのがあります。
これは年齢に関係なく、職業も関係なく、誰でも利用できるので使いやすいのが特徴です。
利用条件が無いのはありがたいですよね。これも弁護士に依頼すればオッケーです。
借金を減らせる金額は、基本的には2割程度なんですけど、過払い金が発生していれば5割以上の減額が期待できますね。
過払い金が数百万もあって、いきなり借金がチャラになる場合もあるので利用するのがお得ですよ。

 

最後に個人再生の手段があります。
個人再生は安定した収入がある仕事をしていないと利用させてもらえません。
毎月の収入がバラバラだったり、いつ仕事が無くなってもおかしくないような場合は使えないんです。
さらに、近い将来に破産するレベルの経済状況に陥っていないと個人再生できません。
利用条件がめんどうですが、許可されると借金の大幅な減額が出来ちゃいます。
8割から9割の借金が免除されるので、ほぼチャラになると思って良いですね。

 

いずれも弁護士が処理するので安心、安全です。
借金を減額して返済を楽にしたいなら、弁護士の無料相談を使ってみてくださいね。

借金の減額交渉の費用は?

あなたの借金は半分以下に減額出来るかもしれません

あなたの借金は半分以下になる可能性を秘めているんです。
非合法な手段ではありません。法律の番人である弁護士に依頼するので、安心と安全は保証されていますよ。

 

返済できない借金を抱えたまま、体力も精神もボロボロになる生活から抜け出しませんか?
借金生活をしていると生きる気力が奪われちゃいますよ。
楽になれる道があるなら、そこを歩んでみませんか?
とりあえず、道があなたに歩み寄って来ることは無いって現実を直視してくださいね。
道は自分から行動して歩まないと行けないんです。
借金から抜け出すにはあなた自身が歩み出す必要があるんですよ。
弁護士の無料相談を利用して、借金問題の悩みを打ち明けることから始めましょう。

 

そんな無料相談を利用する前に、借金の減額を行う費用がいくらか紹介します。
弁護士は慈善活動ではありませんので、借金減額の依頼をすればお金が必要になるんです。

 

債務整理の最終手段、自己破産の費用は30万から40万ぐらいですね。
高過ぎると思うかもしれませんが、自己破産の手続きは半年以上掛かるんです。
半年間で30万なら、毎月5万の出費です。
さらに、自己破産の手続きを開始したら、借金の返済を一時中断出来ちゃうんです。
借金の返済が停止している中で、毎月5万の出費ならどうにかなると思いませんか?
自己破産の費用は弁護士事務所ごとに違うので、料金を確認しつつ相談しに行ってみてくださいね。

 

債務整理でポピュラーな任意整理は、ものすごく安いです。
平均的には7万ぐらいで、安いと3万ぐらいの費用で済みます。
任意整理も手続き開始と同時に、借金の取り立てが停止するので支払いには困らないでしょう。
弁護士ではなく、司法書士に依頼すれば費用はさらに安くなりますよ。
実は、任意整理は司法書士でも対応できるんです。
近くに司法書士事務所があるなら、そこに相談するようにしましょうね。

 

個人再生は利用条件が多い債務整理なんですが、借金の9割を減額できちゃう効果を持っています。
費用は20万から30万ぐらいが相場で、手続きは数ヶ月から半年も掛かります。
自己破産や任意整理と同様に、手続き開始時点で借金の取り立てが停止しますので、支払いにはどうにか対応できるでしょう。

 

数万から数十万の費用で借金を大幅に減額出来るなら、こんなお得なことはありませんね。
費用が問題で相談できないと思う人は、とりあえず無料相談に行けば良いです。
お金の支払い方法は臨機応変に出来るものなんですよ。
迷っている時間がもったいないので、まずは相談ですね。

減額出来ない場合もある。

借金は半分以下に減額できる可能性があるんですが、実は例外があるんですよ。
弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると借金の減額が出来ちゃいます。
でも、中には例外の法律に接触して、借金が減らないケースも存在するんです。

 

ここでは、どのような場合に借金が減額されないかを紹介しますね。
初めに言っておくこととしては、この例外によって減額されないケースは少ないです。
仮に、例外に該当していても、債務整理が初めてだったり、借金が数百万の少額だったりする場合は減額してもらえるんです。
不必要に絶望しないようにしましょうね。

 

借金の減額が行われないリスクが高いものとして、借金の理由が不純な場合が挙げられます。
不純な動機での借金は、どの債務整理の方法でも減額されない危険性が増しちゃうんです。

 

具体的にはギャンブルで作った借金や豪遊して作った借金が該当します。
例えば、お金を借りまくって500万の借金をしたとしましょう。
それをすべて競馬に注ぎ込んで、万馬券を当てたら借金返済して成金生活へ、失敗したら自己破産して人生再スタート、みたいなことは出来ないので覚えておいてくださいね。
これが許されたら、みんなが一か八かの大勝負で破滅して行きますから。
なので、豪遊の借金も減額されないリスクがありますよ。
ブランド品買いまくって、高級レストランで飲み食いしまくって、自己破産します、というのは許されないんです。
他には、借金したお金を友人や家族に預けて自己破産しようとするのも許可されませんね。
基本的には借金の減額制度を悪用する方法はダメと言うことになります。

 

逆に言うと、生活費や病気の治療費なんかが理由で借金した場合は、確実に減額の対象になるんです。借金の連帯保証人になったばかりに背負った借金なんかも、減額出来るので安心してくださいね。

 

このような減額されない例外を、債務不許可事由って言います。
最近はソーシャルゲームのガチャ課金も不許可事由になったので、ゲーム中毒の人は減額の対象から外されるリスクはありますね。

 

もう一つ、減額ができない場合があります。
それは任意整理を行った時に、過払い金が存在しないケースで起こるんです。
厳密に言えば支払う借金は大幅に減るんですが、今ある借金は減らないんです。
どう言うことか説明すると、任意整理は今後支払う利息を無しにする交渉が主になります。
利息を払わないで良くなるので、借金を確実に返済して行けますね。
ただし、過払い金が発生しないと今ある借金は減らないのです。
これも借金を減額できない状況に当てはまるので覚えておいてくださいね。

 

借金が減額出来るかどうかを悩む前に、弁護士に聞いてみるのが早いです。
ギャンブルで作った借金でも、300万程度なら減額の対象になったケースが存在します。
無料相談で減額できるか確認してみましょう。